糸芭蕉の栽培・糸作り・染め・織りと手作業にこだわっている小さな「芭蕉布」工房です。財布やバッグなどの製品も作っています。

芭蕉布

芭蕉布 のこと  

 沖縄のこころを受け継ぐ伝統織物「芭蕉布」は、糸芭蕉の繊維を織り、草木染めの糸で綾なします。
 糸芭蕉は、自然の恵みである土と水と太陽から育くまれていきます。

芭蕉布名古屋帯
 芭蕉布は、琉球尚王朝の初期には既に織られていたようで、五百年以上の歴史があるといいます。
 風通しがよいことで夏の衣服として重宝され、身分を問わず、琉球弧の人々に愛用されてきました。
 以前はたいていの家に機が置かれ、それぞれの畑で糸芭蕉が大きな葉を揺らしていたものです。

 派手さはありませんが、生成りの自然な色合いと、草木染めの控え目な模様が芭蕉布の特徴です。また、芭蕉布製品を手にされた方は、さらっとした手触りにお気づきでしょう。





芭蕉布名古屋帯(染料;車輪梅・琉球藍)




11.JPG
糸芭蕉

12.JPG
糸芭蕉

13.JPG
苧剥ぎ(うーはぎ)

14.JPG
苧炊き(うーたき)

15.JPG
撚り掛け(よりかけ)

16.JPG
整経

17.JPG
織り

18.JPG
織り



a:19775 t:2 y:0

 

powered by Quick Homepage Maker 3.66
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional