工房だより

ぶながやの森芸術縁日

更新日:

 11月21日と22日に大宜味村の「ぶながやの森芸術縁日」に出店してきました。

 コロナの状況が悪くなる一方の沖縄。「やばくない?」と迷いましたが、何ヶ月も前から準備を進めてくれた運営委員の皆さんの熱意を考えれば、私だけ「ヌケマ〜〜〜ス」なんてこと言えるわけありません。

 会場は大宜味村の新スポット、「道の駅おおぎみ・やんばるの森ビジターセンター」(長っ!)の中庭。屋外だけど屋根がついているので日焼け対策になるし、風通しがいいのでコロナ対策もバッチリ。そして会場もそれぞれのショップが近づきすぎないようレイアウトされていて気配りを感じました。スタッフの皆さんありがとうございます。

 

 コロナ感染者が増える中、沖縄北部の大宜味村まで果たしてどれだけの人が来てくれるの?と、実はけっこう心配しましたが、本土からの旅行者や、中部や南部からのお客さま、もちろん地元のお客さまもたくさん来てくれました。

嬉しかったです〜〜〜〜〜❤️

 商品を買ってもらえたのも嬉しかったけど、芭蕉布を手にしたお客さまとのやりとりが何より嬉しい!

「あ〜〜、これが芭蕉布なんですね。初めて見ました〜〜。」

「実家に、おばあさんが織った芭蕉布がありますよ〜〜。」

「芭蕉ってバナナと同じ木なんですか?」

こんなふうに、芭蕉布に興味をもってくれる人がいるのを実感できるのがね^^

 

あ〜〜〜、楽しいイベントでした。やっぱり人と触れ合うっていいなあ。

次回の芸術縁日は、2月の予定だそうです。

     

 

 

 

 

 

 

 

検索

検索

-工房だより

Copyright© 芭蕉布こもれび工房 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.